会長挨拶

田中俊宏会長

第36回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会
会長 山本明史(埼玉医科大学国際医療センタ-皮膚腫瘍科・皮膚科)

2020年7月に東京・浅草にて開催を予定しておりました第36回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により予定通り開催することは困難となり、2021年1月8日(金)〜1月9日(土)に延期し、パシフィコ横浜にて開催させていただく予定でしたが、さらに新型コロナウイルス感染症の第2波流行の影響を受け、参加者皆様の安全を第一に考えまして、今回は全面的にWeb開催とさせていただくことになりました。

今年度は、特別な年となりましたが、我々の分野の診療・研究は停止することなく、前進あるのみです。今回の学術大会のテーマは、「皮膚がん診療の新時代を拓く」と題して、最新の進歩を最大限に踏まえ、新しい時代を拓く絶好の機会にしていただきたいと大いに期待しております。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、1月のWeb開催の学術大会に向けて、最善の準備を行うよう努力してまいりますので、ご理解、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年9月吉日